bit布箱製作所は,
カルトナージュの技法をもとに着物の古布を素材として「ぷっくり布箱」を作り続けています。これからも、古い布の持つ優しさと柔らかさが生かされる箱としての姿を求めて止みません。

 

中島淳子

主に,インテリアのファブリックデザインを仕事としていたが,布箱と古布に出会ってから箱作りが止まらなくなって,今に至る。
青山(外苑前)、学芸大学(東横線)で布箱教室を開講。